鹿児島中央駅から徒歩1分の矯正歯科治療専門の歯医者さん【田中矯正歯科】

鹿児島県内で最初の矯正歯科治療専門歯科医院です。

トップページ > スタッフブログ

スタッフブログ

不正咬合の原因?

不正咬合の原因は色々挙げられます。大きく先天的なものと、後天的なものに分けられます。

遺伝
先天的な原因として、遺伝が挙げられます。
 例えば、親が受け口であれば、子どもが受け口になりがちだということは言えるでしょう。また、生まれつき歯の数が足りない先天性欠如や歯の奇形にも遺伝の影響が考えられています。

後天的な原因としては、環境、習癖、虫歯や歯周病などが挙げられます。

環境
戦後、日本の食事は大きく変わりました。ハンバーグやポテトサラダ、オムレツなど噛まなくてよい食事(軟食)が増えた結果、噛む回数が減り、顎骨の成長を促すような奥歯ですり潰すような噛み方ではなく、数回歯を上下するような噛み方で済ませることが多くなってきました。そのため、近年子供たちのあごが十分に発育せず、小さくなってきています。
その結果、歯が十分に並ぶスペースが確保出来ず、叢生(でこぼこの歯並び)等の不正咬合を引き起こします。
歯ごたえのある食べ物を選択し、奥歯を横に動かして咀嚼し、噛む回数を増やすことで顎骨の発達を促すことが望まれます。

習癖
習癖(習慣となっている癖)によって不正咬合が引き起こされる場合も多く見られます。
習癖の一つとしては口呼吸が挙げられます。いつも口を開けていると、歯を唇で押さえる力が弱くなって舌の位置が変わったり、口周りの筋肉のバランスが崩れて、受け口や出っ歯、叢生の原因になることがあります。
その他、指しゃぶりを続けていると、指の力で歯を動かしてしまい、開咬や出っ歯の原因になります。前歯で下唇を噛む癖も同様です。
指しゃぶりなどの「口への刺激」は、乳児の口の機能発達に欠かせない行為です。口への感覚刺激を重ねることで、徐々に哺乳反射が消えて行き、離乳食を食べ始める準備が進みます。
 とはいえ、上記のような不正咬合を引き起こす可能性があるのも事実ですので、乳歯が生えそろう4歳くらいまでを目安に徐々にやめるようにしてみましょう。
あと、頬づえをつく習慣を続けていると、下あごを歪める可能性がありますので、控えたほうが良いでしょう。

虫歯・歯周病
虫歯や歯周病によって永久歯や乳歯を失ってしまうと、両隣の歯が空いたスペースに移動してきたり傾斜してきたりします。その結果、不正咬合を招いてしまいます。
特に乳歯の虫歯を放置してしまうと永久歯が正しい位置に生えてこれずに、斜めに生えたり、ずれて生えたりしてしまう可能性があります。
 乳歯のうちから歯磨きをする習慣をつけ、虫歯の予防、早期治療に努めましょう。

2015-08-07

子供の成長を妨げる口呼吸!

先日のNHKのテレビ番組で口呼吸の事が放映されました。

口呼吸は、
1)子供の成長を妨げる
2)睡眠時無呼吸症候群を引き起こす
3)歯並びが悪くなる

ことなどが解説されました。

口呼吸が歯並びを悪くすることは1900年代から指摘されていました。
歯科矯正治療を行っている当医院でも、口呼吸は不正咬合の原因として患者様にご説明しているところです。

さまざまな鼻疾患やアレルギー鼻炎から引き起こされる口呼吸は早めに治療するようにしましょう。

日頃取り組める口呼吸の改善方法として、就寝時に口唇を閉鎖する口テープがあります。
口テープで鼻呼吸する習慣をつけることで歯並びの治療がよりスムーズになります。

お子様の生活習慣で気になられる方は是非、試してみてください。

お食事の際の咀嚼(咬み方)などについても適切な指導を行いますので当医院でご相談ください。

2015-06-28

歯の生え替わり時期には歯並びのチェックを!

歯の生え替わる7~9歳の時期は、顎や頭全体の発育にとって重要な時期でもあり、
成長のコントロールが可能な時期です。

この時期に永久歯の過不足や顎の骨格の発育状況を確認し、
矯正歯科治療が必要かどうかのスクリーニングや早期治療をしておくことが、
その後の成長においてとても重要と言えます。

7~9歳頃の歯の生え替わり時期には、歯科医院で歯並びの相談・確認をしてもらいましょう!

7~9歳までに歯科の受診を!

2015-06-27

犬迫小学校で歯の講話★

6月2日、歯科医師2名を含めたスタッフ4名で犬迫小学校を訪問し、講話をおこなってきました!

1、2年生は6歳臼歯について、3、4年生は混合歯列について、5、6年生は歯肉炎について、
一緒に学びました。元気な子供たちですが、お話を一生懸命聞いてくれていました♪

その後、保護者の方を対象に「むし歯について」と題し、学童期のむし歯に関する講話をさせていただきました。
お母さま方もメモを取られたり、真剣に聞いてくださって、最後はたくさんの質問もいただきました。
こちらもとても有意義な時間となりました(*^_^*)

DSC_0211

2015-06-08

日本口蓋裂学会

5月21、22日に院長先生が東京で開催された日本口蓋裂学会へ参加されました!

DSC_0172

DSC_0169

2015-06-08

ユニセフ募金★

5月26日、院長先生が、イオン鹿児島でのネパール大地震緊急募金に参加してきました!
2015.5.26イオン緊急募金 036

2015-05-29

田中矯正歯科バラ園★

院長先生がご自宅で栽培されたバラを持ってきてくださいましたo(^▽^)o
春らしい色でとってもきれいです♥

DSCF9153

2015-05-02

新しいユニフォーム♪

今日から新年度ですね♪
当院では、スタッフのユニフォームが新しくなりましたo(^▽^)o

気分一新頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします★

DSC_0067

2015-04-01

矯正体験記♪ついにfinishです(^-^)

 みなさまこんにちは☆ご無沙汰しておりました、矯正体験記ですがついに!外しました♪

エラスティックゴムでの調整も続け、噛み合わせも緊密になりました。

最初のころの歯並びはというと…こんな感じです。
Exif_JPEG_PICTURE        SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

 →

 

 

 

治療期間はかかりますが、やっぱり歯並びは良いほうがいい!!
見た目はもちろんのことかなり歯磨きがしやすいです!
虫歯や歯周病の予防もしやすいですし、歯並びが良いって大事だなぁと感じております。

最近は社会人の方の矯正相談も多くなっていますが、気になっているなら一度相談してみませんか?
HPご覧になった方は、無料で相談を受け付けております。
矯正体験記、最後までご覧いただきありがとうございました♫

2015-02-16

フッ素洗口で虫歯予防をしましょう♪

田中矯正歯科では、矯正治療中の虫歯予防を行うため「フッ素洗口」を推薦しています!
家庭や学校で取り組まれているところも多いと思いますが、子供のころに行うフッ素洗口は大人になってからの虫歯のなりにくさにも大きく影響してきます(^○^)

フッ素洗口についてご質問などありましたら、当院までご連絡ください♪

フッ化物

フッ化物洗口について考える  鹿歯会報
参照 鹿児島県歯科医師会 会報

2015-01-26
矯正歯科治療についてのお問い合わせ