鹿児島中央駅から徒歩1分の矯正歯科治療専門の歯医者さん【田中矯正歯科】

鹿児島県内で最初の矯正歯科治療専門歯科医院です。

トップページ > 新着情報

新着情報

事業所歯科検診のすすめ

事業所歯科検診のすすめ

参考文献 鹿歯会報より

 

事業所歯科検診のお申し込みは田中矯正歯科まで。

「事業所歯科検診を経験して」の小冊子をお送りします。

2015-01-26

フッ素洗口で虫歯予防をしましょう♪

田中矯正歯科では、矯正治療中の虫歯予防を行うため「フッ素洗口」を推薦しています!
家庭や学校で取り組まれているところも多いと思いますが、子供のころに行うフッ素洗口は大人になってからの虫歯のなりにくさにも大きく影響してきます(^○^)

フッ素洗口についてご質問などありましたら、当院までご連絡ください♪

フッ化物

フッ化物洗口について考える  鹿歯会報
参照 鹿児島県歯科医師会 会報

2015-01-26

市民公開講座のお知らせ★

こんばんは♪

市民公開講座のお知らせです。

きたる今月30日(日)に首都大学東京・大学院教授の星旦二先生をお招きし、

「ピンピンコロリの10の生活習慣」

と、題しご講演いただきます。

 

市民向けの公開講座となっておりますので、

どなたでもご参加自由です!

 

お申し込みは、

TEL 099-257-9052

FAX 099-256-6750

または、

http://k-shikakyousei.com/seminar/seminar20141130/

からどうぞ( ^ω^)

 

日時:平成26年11月30日(日)13:30~15:00

会場:ドルフィンポール(ドルフィンポート内)

 

みなさまのお越しをお待ちしております♪DSCF8181 DSCF8183

 

 

2014-11-11

10月31日は 世界手洗いデー♪

世界手洗いの日 こんにちは♪
 10月31日は世界手洗いデーだそうです(*^。^*)
 風邪やインフルエンザが増える今からの季節、ぜひ世界での取り組みを参考にされてみてください☆

 

 

 

       手洗いハンドブック

2014-10-26

鹿児島歯科矯正研究会のホームページが公開されました

鹿児島歯科矯正研究会とは、鹿児島歯科矯正研究会は、矯正歯科医療に特化して40年間研鑽を積んでいる鹿児島県内150名の会員で組織している歯科医師の会です。

この度、11月30日に開催予定の「鹿児島歯科矯正研究会40周年事業歯科矯正市民公開講座」にあわせて、ホームページを開設しました。

2014-10-01

♬アミュプラザいよいよ今月オープン♬

9月が始まりました!長かった夏休みも終わり、今年も残すところ4か月ですね(^-^)

そしてついに!今月26日にアミュプラザの別館がオープンします♬
昼間の存在感も素敵ですが、夜のライトもとても綺麗です☆

中央駅周辺がより一層賑いそうですねヽ(^o^)丿

 140819         140901

2014-09-02

口臭もお口の病気のサイン!!

 

こんにちは。今日は天気もよく気持ちの良い朝ですね♫
今回のコラムは「口臭もお口の病気のサイン」です。     うきわ

◆気になる口臭の種類
近年私達の周りでは自分の体臭や口臭を気にする人が増え、社会生活の中で関心が高まっていて、特に口臭予防のニーズも高まりつつあります。
口臭は、大き3つのタイプに分類されます。

1. 通常の呼吸や会話で出される息を他人が強く感じとることができる口臭(真性口臭症)。
2. 実際には臭っていないのに公衆を訴える口臭(仮性口臭症)
3. 口臭恐怖症。

中でも真性口臭症には、誰でもお口の中の細菌量が増える起床時や空腹時などに臭う生理的公衆と、お口の中や全身的疾患に原因のある病的口臭の2タイプがあります。
気になる方は、市販されている口臭測定器を使用したり、大学病院などで開設されている口臭外来で検査してもらうのもいいでしょう。

◆口臭の原因の多くは、お口の中の汚れ
真性口臭症の中の病的口臭。その原因の多くはお口の中にあり、全身的疾患によるものはあまり見られません。
事実、61%の真性口臭症のうち半数以上の患者が歯周病など、お口の中に原因があります。
主な発生源は舌苔(舌の上に付いた汚れ)や歯周ポケット、不適合な修復物、多量の歯垢・歯石などに、残った食べカスなどに含まれる蛋白質をお口の中にある特定の細菌が分解・出産し、硫化化合物という臭いのもとを発生させています。
また、歯周病の場合、歯周ポケットからにじみ出た液やウミ、そしてもっと大きな割合で歯周病を引き起こす細菌が蛋白源となり、臭いを発生させます。

◆口臭を防ぐためにも、まず歯周病予防から。
気になる口臭も原因を突き止めて、しっかり治療すれば、ほとんど臭わなくなります。
真性口臭症の原因のほとんどがお口の中の細菌により、口臭を予防するには、まず小まめにブラッシングをして、お口の中にいる細菌をはじめ細菌の栄養源となる蛋白質を取り除き、特に細菌が溜まりやすい舌をタンクリーナー使用しましょう。
時間がとれない場合は軽くうがいをするのも効果的です。
病的口臭の原因のほとんどが歯周病です。特に気になる方は殺菌剤配合のハミガキなどで細菌数を減らすことが、口臭予防する近道になり、歯周病を予防することに繋がります。また歯間ブラシやデンタルフロスなどで徹底的に歯垢を落とすことも大切です。

 

 

2014-08-19

遺伝子検査に関するパネル討論会

 

最近マスコミで話題になっている遺伝子検査とは何か、遺伝子検査は生化学検査や血液検査とどう違うのか、遺伝子検査で何がわかるのか、病気にどのように応用されるのか、薬のオーダーメイド医療とはなにか、遺伝カウンセリングとはなにか、医療としての遺伝子検査とビジネスとしての遺伝子検査はどう違うのか、などについて幅広く討論するものであります。

日時:10月26日(日)    13時30分~16時00

場所:かごしま市民福祉プラザ  5F大会議室

 

詳細はこちら

2014-08-08

虫歯になりにくいチョコの食べ方☆

こんにちは!台風の影響か、今日はジメジメした日ですね。。。。d_18

夏バテもしやすく疲れが出やすいこの季節…疲れたときに「チョコ」食べたくなりませんか?(^-^)
そこで今回は、『虫歯になりにくいチョコレートの食べ方』についてご紹介します。

——————————
★虫歯になりにくい食べ方のポイント★
——————————

1. 長時間に渡って食べないように

だ液は、歯が少し溶けてしまっても、修復させて元に戻そうとする働きがあります。しかし、それには時間がかかります。

そのため、頻繁に間食などがあると、修復の作業が間に合わず、虫歯となるリスクは高まってしまいます。
歯にも休憩させる時間を与えてあげましょう。

2. なるべく寝る前には食べないように

寝る前にチョコレートやジュースなどの甘い物を食べて、そのまま歯磨きをせずに寝てしまうと、大変なことになります。

ほとんどの人は眠っている間、だ液の量が少なくなるので虫歯菌によって溶かされた歯を修復できず、虫歯のリスクがさらに高まります。

水で口をゆすぐ程度では、あまり効果がないので寝る前にはしっかり歯を磨きましょう。

3. 歯に付いたままにしない
チョコレートの種類によっては歯に張りつきやすいものもあります。こんなときは飲み物などで洗い流すか、食べ終わった後には歯ブラシなどでよく落としましょう。

4. 寝る前に行う歯磨きは念入りに
虫歯は、夜中に作られると言われており、寝る前に行う歯磨きはとても大切です。汚れをしっかりと落としてから眠るようにしましょう。

 

2014-08-04

口唇口蓋裂会報NO,73

JCPF会報 No73

2014-07-25
矯正歯科治療についてのお問い合わせ