鹿児島中央駅から徒歩1分の矯正歯科治療専門の歯医者さん【田中矯正歯科】

鹿児島県内で最初の矯正歯科治療専門歯科医院です。

トップページ > スタッフブログ > 虫歯になりにくいチョコの食べ方☆

虫歯になりにくいチョコの食べ方☆


こんにちは!台風の影響か、今日はジメジメした日ですね。。。。d_18

夏バテもしやすく疲れが出やすいこの季節…疲れたときに「チョコ」食べたくなりませんか?(^-^)
そこで今回は、『虫歯になりにくいチョコレートの食べ方』についてご紹介します。

——————————
★虫歯になりにくい食べ方のポイント★
——————————

1. 長時間に渡って食べないように

だ液は、歯が少し溶けてしまっても、修復させて元に戻そうとする働きがあります。しかし、それには時間がかかります。

そのため、頻繁に間食などがあると、修復の作業が間に合わず、虫歯となるリスクは高まってしまいます。
歯にも休憩させる時間を与えてあげましょう。

2. なるべく寝る前には食べないように

寝る前にチョコレートやジュースなどの甘い物を食べて、そのまま歯磨きをせずに寝てしまうと、大変なことになります。

ほとんどの人は眠っている間、だ液の量が少なくなるので虫歯菌によって溶かされた歯を修復できず、虫歯のリスクがさらに高まります。

水で口をゆすぐ程度では、あまり効果がないので寝る前にはしっかり歯を磨きましょう。

3. 歯に付いたままにしない
チョコレートの種類によっては歯に張りつきやすいものもあります。こんなときは飲み物などで洗い流すか、食べ終わった後には歯ブラシなどでよく落としましょう。

4. 寝る前に行う歯磨きは念入りに
虫歯は、夜中に作られると言われており、寝る前に行う歯磨きはとても大切です。汚れをしっかりと落としてから眠るようにしましょう。

 

2014-08-04
矯正歯科治療についてのお問い合わせ